topimage

2017-10

2014カレンダーできました♪ - 2013.10.16 Wed

台風がさったあと、まだ風が吹き荒れています。
涼しい!寒い!
最近は、今までなかったような風と水の変化。
気候の変化はしばらく続きそうですね。
寒くなると、猫が一気にベタベタしてきて、
膝の中に来るようになり、面白いです。
2014_c_72.jpg

2014年のカレンダーができました。
9月にさせて頂いた『つぼのなかから展』
をベースに、つぼの中からわきあがる世界を描きました。
新たに描き足したもの、以前から、お気に入りのものも入れて。
1月『レ・ミゼラブル』
2月『木馬の夢』
3月『野原の二人』
4月『王国』
5月『今日、風になる日』これは、映画風立ちぬを見たあとですね、描きました。
6月『ガラスの小瓶』あ!!壺じゃない(笑)壺のような形状のもの、ということで。
7月『いのちの海』
8月『白鳥座の物語』
9月『Difining Gravity』わたしのテーマソングです。
この歌を車でかけながら、魔女になりきった気分に浸ります(笑)
10月の『猫だらけ』最近は、猫にも憧れます。気ままで自由。
11月『まんまるお月様おねがいよーう』はじめて、絵本コンクールに応募したときの絵です。
12月『北欧の夜』

昨年にひきつづき、デザイナーのみかちゅうさんに
レイアウトはお願いしました。ただのイラストが、
いきいきと踊りだすように仕上げてくださって、
ほんとに感激!!エネルギーを注いだものが形になるのはホントに嬉しくて、
ニヤニヤしてしまいます。


わたしが出店の際には持ってまわりますし、メールでもご購入いただけます。
一部・・・1,200円で販売しています。(別途送料かかります)
お申し込みは、ご住所、お名前、お電話番号、必要部数を添えて、
下記メールアドレスまでご連絡下さい↓
konohadou★gmail.com (★を@に変えて送信してください)

2014年が、あなたにとって、心豊かな時間になりますように。
嬉しいときも、悲しいときも、自分自身との絆を深められますように。






物語『時間をめぐる冒険』【10月のお話】 - 2013.10.02 Wed

ぞうがめのぼくは、
時間の秘密を忘れてしまった人間たちと、
『時間をめぐる冒険の旅』に出かけることになった。

ぼくはいつもいつも、ぞうがめの自分なんだけど、
人間の時間を、人間が感じてる世界を、体験してみるのも
面白いかも!っと、そんな気持ちで出発したんだ。

2013カレンダー『時間をめぐる冒険』の、
10月のお話です。

********
カレンダー用PC 10月

楽しい時間はあっというまに過ぎて、
季節は若葉の色から黄金色へと変わった。

とどまっている時間はそろそろ終わり。
森をまたひとり歩いていくと・・・

『ピュ~ピュ~ひゅうるる~♪
待ちに待ったこの季節~♪
実りの秋~♪恵みの秋♪』と、
木枯らしがにぎやかに歌いだした。
それにあわせて、枯れ葉たちはご自慢のダンスを踊る。
若くて初々しかったいのちが、
時を経て豊かな実りのときを迎える。

ぼくは、晴れの日のお祭り気分で
、森の動物たちと一緒に歌い、踊ったんだ。

大地の恵みに感謝する晴れの日に。

物語『時間をめぐる冒険』【9月のお話】 - 2013.09.01 Sun

ぞうがめのぼくは、
時間の秘密を忘れてしまった人間たちと、
『時間をめぐる冒険の旅』に出かけることになった。

ぼくはいつもいつも、ぞうがめの自分なんだけど、
人間の時間を、人間が感じてる世界を、体験してみるのも
面白いかも!っと、そんな気持ちで出発したんだ。

2013カレンダー『時間をめぐる冒険』の、
9月のお話です。

********
9月

目指す方角は、
さあどっちだろう?

『こっちでいいの?これでいいの?』
ぼくは魔女にたずねた。

魔女は言った。
『自分の心、奥深く、耳を澄ませてみてごらん。
頼りにするのは、あなた自身。
北極星は、あなたの中に。

人間がつくりだした
『こうあるべき』 『こうしなければ』という
世間のルール。
世の中の常識。

人間がつくりだした、それらの思い込みと制限は、
それはそれで面白いのだけど・・・今は、とっぱらって、
あなたの感覚に耳を澄ませてごらん。』


ぼくは、自分に耳を澄ませてみることにした。
なんとなく・・・こっちかな?
『なんとなくが正解よ。』
そう微笑んで、
魔女は目指す方向に向かって、飛び立っていった。

ぼくも、自分の目指す方向へ。
そう、思い切って飛び立ったんだ。

物語『時間をめぐる冒険』【8月のお話】 - 2013.08.01 Thu

ぞうがめのぼくは、
時間の秘密を忘れてしまった人間たちと、
『時間をめぐる冒険の旅』に出かけることになった。

ぼくはいつもいつも、ぞうがめの自分なんだけど、
人間の時間を、人間が感じてる世界を、体験してみるのも
面白いかも!っと、そんな気持ちで出発したんだ。

2013カレンダー『時間をめぐる冒険』の、
8月のお話です。

********
8月 a


海の次に、ぼくは山に登ることにした。
なんとなくやりたくなって。

一歩一歩足を出す。この繰り返し。
『人はなぜ山に登るのか』
ぼくは、ただ、やりたいからやろうと思った。
物事をやりたいという気持ちに、理由はいるの?
理由をつけたがるのも、人間だけなのかもしれないね。

ただひたすらに・・・一歩一歩。
おやおや、イーグルも雄大に
気持ちよく旋回しながらエールを送ってくれている。
仙人まで!応援に来てくれた。

一歩一歩、足をだす。
ただやりたいから、ひたすらやるっていうのを、
ぼくは味わってみたんだ。
そしたら、いつのまにか、
憧れの山の頂上まできていた・・・

案外、そんなものかもしれないよ。

物語『時間をめぐる冒険』【7月のお話】 - 2013.07.05 Fri

ぞうがめのぼくは、
時間の秘密を忘れてしまった人間たちと、
『時間をめぐる冒険の旅』に出かけることになった。

ぼくはいつもいつも、ぞうがめの自分なんだけど、
人間の時間を、人間が感じてる世界を、体験してみるのも
面白いかも!っと、そんな気持ちで出発したんだ。

2013カレンダー『時間をめぐる冒険』の、
7月のお話です。

********

カレンダー用PC 7月


地底からあがり、またあてもなく歩くと、
青い海にたどりついた。

大海原の彼方から、かすかに聞こえてくる歓喜の歌声。
ぼくはつられて、青く深い海にもぐっていった。

この、ごきげんで、幸せで、
喜びに満ち溢れた歌声は誰だろう・・・

向こうから優雅にゆったりゆったりこちらにやってくるのは
声の主、クジラだった。
彼らが住むのは、喜びにあふれた光の世界。

あれ?闇はどこにいったの?って?
そうだよ。
彼ら、クジラやイルカの世界は、
どうやら光だけみたい。
何でも楽しく、穏やかで、どこまでも平和な彼ら。

どうやら、光も闇も両方味わえるのは、
人間だけかもしれないな。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

シラサワ ユウコ

Author:シラサワ ユウコ
1981年広島県生まれ。
滋賀県在住。
『この世はなんてカラフル・
  ワンダーランド』
をテーマに、心のままに絵を
描き描き中。

●あなただけのとっておき名刺の製作
●水彩お絵描き教室
●あなたの物語
●描きおろし
●ウェルカムボード
●壁画・シャッターなどの
 大型イラスト
●手描きTシャツ

その他いろいろお描きします♪

カテゴリ

未分類 (8)
お知らせ (61)
ギャラリー (4)
ポストカード (4)
名刺オーダー (11)
オーダーについて (3)
あなたの物語(オリジナル物語製作) (10)
星のコトバと魔法の絵(西洋占星術&絵) (1)
オーダー作品紹介 (7)
お絵描きワークショップ (9)
日々のこと (41)
murmure~子ども言葉 (5)
カレンダー (17)
お仕事のご依頼はコチラ (1)

ギャラリー

ショップ

オーダー

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

RSSリンクの表示