FC2ブログ
topimage

2019-06

【音のある展覧会】レポ&感謝 - 2019.06.01 Sat

終了後なかなか言葉にできなかった
おんぷちゃんとのコラボ、【音のある展覧会】。

もう、行きの電車の中から、 ようやくここまでこれたことにウルウル。
ハプニング続出で大変だったのです(笑)直前にプリンターインク切れで
買いに走るもお店になくて探し回ったりね。

そして、打ち合わせ、準備もとても心地よく、しっくり本番。
音のある・・・2
うしろに写っているのが、おんぷちゃんの弾いた
ベーゼンドルファーという美しい、深い音のピアノ。

こうして、絵のもつ物語をじっくり朗読で披露することなどまずないから、
それだけで本当に感無量でした。

ライブ中にお客さんからもらい泣きして、また泣いて(笑)

はじめは緊張してたけど、おんぷちゃんのピアノの不思議。
どんどんゆるんでほどけて、自分の真ん中に戻っていく感覚がハンパなく。
そのときの音源、また紹介したいです。

みなさんもすごくリラックス、わたしも途中から、靴をぬいで足を
ブラブラしながら音を浴びて・・・まさに、なんだこの多幸感。

ピアノで即興で曲をというのも、それぞれの絵の要点を押さえながらも
新たな解釈やシーンを描いてくださって、絵がほんとに自由に羽ばたいた気がするよ。

あー、嬉しかった◎嬉しかった◎

わたしのやりたいを、過不足なくぶちまけられたこと◎

音のある・・・

おんぷちゃん、そして暖かな場を創ってくれたみなさん。
荷物の梱包を手伝ってくれ、当日も娘をお迎えにいってくれた旦那さん、元気でいてくれる娘。

感謝だーー
スポンサーサイト

暴風でふきとばされていた喜び - 2019.05.27 Mon

5月19、20は
ヘムスロイド杜のまつり、に出店してきました。

何年越しかの、ひさびさのヘムスロイド。屋外の出店をなめていました、
わたし。風に悩まされる出店者たち。最後には避難したりして、どうにかしのぎ。

こんなに何年もイベント出店をやってきているのに、あまり得意でなく、
ディスプレイも装備もイマイチな自分にため息。
ああ、もうちょっと風にも耐えうる装備を・・・
いつもいきあたりバッチリなので、準備のできない自分が・・・
とか、寒いしあれこれ風で飛ぶわ、砂まみれで気持ちが泣きそうになりながら、でしたが。
60393352_2226953040758149_417456355721347072_n.jpg

終了後は、もっとお客さんに見てもらいたかったのに、
自分の思い描いたディスプレイの数割もできなかった時間が大半だったのが残念で。

翌日、ゆっくり休んだら、あれ?わたし、いいこともいっぱいあった、
嬉しいこともあったじゃんと思い出しました。
風で吹き飛ばされてたけど、それ以上にお客さん喜んでくれてた、確かに。
他のお店よりしょぼいあんな展示だったけど。
恥ずかしかったんだな、わたし。みんながすごいから。

小学生の女の子が絵をすごく気に入ってくれ、
あなたの宝石のイメージ描きおろしをしてくれたこと。
描くところを見てくれて(2時間も!)
わたしの隣で「楽しい、ずーっと見てられる」と言いながら
描いてるところを見てくれたこと。
わたしのマネージャーのように、来たお客さんに
営業トークまでしてくれるしまつ。
なんて可愛い!

家に帰ったら絵を描きたい、絶対描きたい、けど筆がない
と言ってたので、使い古しの筆をあげたらすごく喜んで。
その子のお母さんはじめ家族、親類も入り浸ってくださって、
似顔絵を3世代も描かせてもらい。
お母さんから「絵描きさんに弟子入りしたらー」と言われて。



他にも、絶妙なタイミングで声をかけてくれたり、
助け船をだしてくれたり、差し入れをくださるあたたかい知人たち。
ひさびさに顔をみて声をかけてくれる方々。

あれ?わたし、すごいね、すごいじゃん。
勝手にいつもの、愛されてない、疎外感にはまってたよー。

おめでとう2019 - 2019.01.11 Fri

遅蒔きながら、あけましておめでとうございます。

年末年始、実家に帰省し、
じいじ、ばあば、いとこ、おじ、おば、たくさんの人に囲まれて
おおはしゃぎで毎日遊びたおした娘。
めいっぱいの刺激ある時間に、ずいんぶんと成長したような
違う姿をみせてくれてましたが、
昨日からげぇげぇ嘔吐して・・・疲れが胃腸カゼとして出たようです。

それに付き添い、仕事はじめであれこれ気持ちが焦ってたものが
強制的にクールダウン。いつでも嘔吐きてもいいようにタライを差し出す
瞬発力にはかなり自信がつきました。


今年はどんな年にしたいかなぁ~
本当に、ようやく新たなスタートという地点にたどりついた心地。
何者になってもいいし
何者にならなくてもいい。
ひさびさに、こんな身軽です。

やっぱり、『あなたの物語』はもっとやりたい、リニューアルしたいなぁとか、
それぞれのやりたいことを持ち寄って遊ぶ会をしたいなぁとか、やっぱり
絵本かなぁとかあっちこっち飛びますが

今まで撒きっぱなしで忘れてた種を
もう一度やっぱりあなただよねって
育てていくような。


あなたは、何を環(めぐ)らせたいですか?
おめでとう
写真は実家の裏山。
近づくだけでおびただしいほどの鳥の声が降ってきます。

出店夏の陣 - 2018.07.23 Mon

15日は大津の旧公会堂へ、そして
21日はビバシティ彦根のハンドメイドマーケットに
出店してきました。

大津では、描きおろしをたくさんさせてもらってうれしかったです。
大暑1
雰囲気にがお絵。
この方が笑うと太陽のようにぴかぴかしている、イメージ。

大暑2
メルヘンが好きとおっしゃるおじさまに。
会場からも窓から琵琶湖をかんじてたので(滋賀の子どもたちが林間学校で乗る
うみのこが見えてましたよ。)湖の中で魚たちとたわむれるイメージ。


彦根もまた違った楽しみがあり・・・

開店前のショッピングモールが、わたし大好きで。
以前販売員として働いていたときに
開店準備をしてお客様を迎えるのが
気持ち良くて大好きだったので
それを思い出して一気にわくわく。
空調の密閉された空気のかんじがね。

大暑3
これは海の小瓶・大地の小瓶、空気の小瓶
夏は透明感のあるものにひかれて、ついつい描きたくなります。

お隣のアクセサリーのお姉さんは開店中暇な時間
ずっとディスプレイ棚を手作りされてて
腕にペンキがついたままで、なんか面白い人で
どんどん棚が出来上がっていくのを見たり
(わたし変な人がやっぱり好きみたい(笑)
うしろのおじちゃんの手作りのミニチュア家具を
絶賛してみたり(シルバニアファミリーとかで遊べそうで可愛いすぎる)
ゆったりでしたが楽しい時間でした。

どうもありがとうございました。

紙芝居『いのちのはじまり』 - 2018.06.26 Tue

ちょっと前のことになりますけど、紙芝居のご依頼をいただいて
わたしの4月5月はひたすらこの絵と連れ添った時間でした。

626.jpg

タイトルは『いのちのはじまり』。
幼児期からの生命(性)教育の講座などをされている山本さん
とのお仕事は、いつも楽しくて
ほんとに何もないところから命がうまれるってめっちゃ不思議ふしぎ~と
盛り上がり、やりますやります、と嬉しく引き受けるのだけど・・・

やはり自分のものとして出力するまでがね。
はじめの1枚の絵がピシッと決まるまでがね。
時間がかかります。

絵を描いているとほんとにわたしのそのままが反映されるので
結婚式のシーンがやたら幸せいっぱいに仕上がって
自分は結婚にこんな素敵なイメージをもっていたことにびっくり。

この紙芝居は、小学生を対象に、学校などへの出張講座で使ってくださるそうです。
山本さんのHPはコチラ→★)



わたし自身、子どもから、いのちはどうやってやってきたのかを
問われたら、爽やかに堂々と答えられるだろうか、いや全然だ。。。
親の側も準備がいるなぁ~とか、

やっぱり、一人一人みんなに大事に思われてこの世にやってきたんだって
子どものときに感じられることって
けっこうすごいことなんじゃないのかなと思わせていただきました。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

シラサワ ユウコ

Author:シラサワ ユウコ
1981年広島県生まれ。
滋賀県在住。
『この世はなんてカラフル・
  ワンダーランド』
をテーマに、心のままに絵を
描き描き中。

●あなただけのとっておき名刺の製作
●水彩お絵描き教室
●あなたの物語
●描きおろし
●ウェルカムボード
●壁画・シャッターなどの
 大型イラスト
●手描きTシャツ

その他いろいろお描きします♪

カテゴリ

未分類 (8)
お知らせ (77)
ギャラリー (4)
ポストカード (4)
名刺オーダー (15)
オーダーについて (3)
あなたの物語(オリジナル物語製作) (11)
星のコトバと魔法の絵(西洋占星術&絵) (1)
オーダー作品紹介 (11)
お絵描きワークショップ (16)
日々のこと (53)
murmure~子ども言葉 (5)
カレンダー (19)
お仕事のご依頼はコチラ (1)

ギャラリー

ショップ

オーダー

タグ

イラストレーション 描きおろし illustration 水彩 watercolor 梅雨 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

RSSリンクの表示